2013年9月25日水曜日

女神散:喜谷實母散

今回は女神散(にょしんさん)です。医療用では時々使われますがOTCでは女神散の名前での販売はされていないかと思います。
ですが、喜谷實母散(きたにじつぼさん)の名で古くから振り出し、煎じ薬として販売されています。
効能効果は“更年期障害、血の道症、月経不順、冷え症およびそれらに随伴する次の諸症状: 月経痛、腰痛、頭痛、のぼせ、肩こり、めまい、動悸、息切れ、手足のしびれ、こしけ、血色不良、便秘、むくみ”となっています。
だいたいこの通りに思ってもらって良いんですが、冷え性は前提にはならないですね。
あくまで肝虚から来るのぼせ、熱症状の相反として感じる足の冷えがある程度です。



この薬の効果はイライラ・のぼせ体質の方の不定愁訴の解消です。
漢方的に言えば。肝気鬱結か肝陽上亢といった状態ですが、
精神ストレス、女性特有のストレスでイライラ・のぼせ体質に陥った人の生理痛やら頭痛・めまい・動悸などに効果があります。

このお薬は飲み方が特殊なので、用法をよく読んでください。
振り出しだけで飲んでる方も見受けますが、効果も薄いですから、
必ず煎じて(煮出して)飲んでください。
1回目から煎じて飲んでも良いです。
その場合は、1回めの煎じ液を夜飲んで、
煎じかすを翌朝もう一度煎じて飲めばよいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿