2013年7月29日月曜日

不安で眠れないなら天王補心丸(正式名:天王補心丹)

天王補心丸(てんのうほしんがん)、正式な処方名は天王補心丹(てんのうほしんたん)です。
国内で2、3社が販売していますが、天王補心丸の名前で販売しています。
効能効果には“体質虚弱な人の次の症状:不眠、不安感、肩こり、息切れ、動悸、口渇、便秘”とあります。
だいたい合っていますが、これでは何の薬か分かりにくいかもしれません。
簡単に言うと不安や焦燥感があり動悸もしやすい人の睡眠障害のお薬です。
そして、陰虚という体の偏りが根本にありますので、手や足が火照ったり、のどが渇いたり、寝汗をかきやすかったりします。
陰虚の中でも心陰虚という状態で、五臓の中の心(しん)が消耗・衰弱している事によって症状が起きています。

心陰虚の原因はストレスであったり生活習慣であったり、慢性的な病気だったりします。
心と心陰虚については別サイトでも解説しています。
  ・心の働き
  ・心血虚と心陰虚
天王補心丸が向いている不眠は、
寝付きが悪い・眠りが浅い・よく目が覚める・夢が多いと言ったタイプですので、
深い睡眠がなく、一晩中眠っているのか眠っていないのか分からないような不眠です。
天王補心丸のような滋養安神剤は、衰弱した心を滋養して、陰陽バランス(自律神経のバランスといっても良いかもしれません)を整えて精神を落ち着かせ眠れるようにしてくれます。
一時的ではなく、長期間続いている不眠に向いているでしょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿