2013年6月25日火曜日

半夏厚朴湯:もともとは咳の薬だけどね

今回は半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)です。

いつものようにOTC薬の効果・効能をみてみると、
“体力中等度をめやすとして、気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、のどのつかえ感”とあります。
例によって体力検査は必要ありません。と言うよりこの処方の場合は、余り気にしないで良いです。
虚証向けではありますが、短期間であれば実証の人が飲んでも大丈夫ですし、効果もあるはずです。


この薬の効果を一言で言えば、“詰まっているものを下へ降ろす”ことです。
詰まっているのは“気”の流れであり、気の滞りで生じた痰湿の逆行です。
気の流れがスムーズであることで、精神も安定します。
半夏厚朴湯は、喉から胸のあたりの気の流れをスムーズにしてくれます。
不安感やうつ的な症状をスッキリさせてくれます。
また実際には何もないのに、喉に詰まった感じ、異物感がいつまでもあるといった症状(梅核気)も神経性の症状であり、半夏厚朴湯で気の流れを正すことで治ります。効果も早いです。
気管支炎や喘息の薬としても効果があります。
軽い咳や痰が続く場合に向いています。


基本的には効能・効果に書かれている通りの使い方で良いのですが、
一点だけ重要な問題があります。
吐き気や嘔吐にも効果はあります。
ですが、つわりには使いません。
厳密に言うと妊婦及び妊娠の可能性のある人には使えません。
この処方は下へ降ろす効果を持つ薬です。
主に含まれている厚朴の影響ですが、強くはありませんが堕胎作用、または妊娠しづらくする作用があります。
このことは医療用も含めて添付文書に記載されていません。
女性の方が服用する場合は注意してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿