2013年3月31日日曜日

茵陳蒿湯

今回は茵陳蒿湯(いんちんこうとう)です。
清熱剤だけで出来た単純な処方ですので、
いろいろ応用的に使う事も出来るのですが、
一般の方がご自身の判断で飲む場合(いわゆるセルフメディケーション)で考えると、
蕁麻疹の薬と言うべきでしょう。
OTCの茵陳蒿湯エキス剤の効能には
“口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症:じんましん、口内炎”とあります。
だいたい良いんですが、実熱(冷やすべき熱)を取るための漢方薬ですから、
口渇とともに、食欲があり暑がりでもあり、尿量が少ないよりも尿が濃い色になります。
必ず便秘でなくてはなりません。下痢、下痢がちの人は飲んではいけません。
簡単にまとめてしまうと、暑がりの人の蕁麻疹を治す薬と言うことになります。
急性・慢性問わず蕁麻疹に使えますが、長期の服用は注意して下さい。


治病求本

0 件のコメント:

コメントを投稿