2012年11月26日月曜日

加味帰脾湯

 ドラックストアで買える漢方薬第2回目は、加味帰脾湯(かみきひとう)です。
なぜ加味帰脾湯かというと、この処方もかなり誤解されて使われようとしているからですね。
R製薬の和〇箋っていうのが、良くお店に並んでいます。
このパッケージに
 “ストレスで蓄積した精神疲労などによる
      憂鬱や不安感などを改善する
って書いてあるんです。
漢方薬のパッケージとか添付文書の効能効果に書いてある文言というのは大体おかしいんですが(何故おかしいかは別の機会に)、これはかなりマズイというか、マチガ〇っていうか、デタ〇メっていうのか、とにかくびっくりです!
憂鬱や不安感には効くんですよ、不眠にも効きます。
ただ、原因はストレスや精神疲労じゃありません。
この薬は一言で言えば
    貧血の薬です


もう少し詳しく言うと、脾の働きが悪いために血液を体内に保つことが出来ずに、体が弱り心も弱ってしまっているのを治す薬です。
脾の働き、つまり胃腸機能。栄養機能ですね。
脾の統血作用と言って、血は脾の働きによってコントロールされていると言う考えですが、それはこの際置いといて、
平たく言えば、胃腸はもともと弱い、何らかの出血(生理でも痔でも、消化性潰瘍でも)が続いたせいかもしれないが、著しく栄養状態が悪く体力的にも衰弱したために精神症状(イライラ、不安、不眠、うつ症状など)まで引き起こしてしまった状態を治す薬です。

まとめると、以下の状態がすべて当てはまる人の精神症状(不眠・不安・抑鬱・いらいら)や体力低下の改善に加味帰脾湯はよく効きます

・貧血あるいは長く続く出血
・食欲がないか、あっても一度にたくさんは食べられない
・非常に疲れやすい
・顔色がわるい
・元気はない(あったとしてもカラ元気)
・イライラしやすかったり、ドキドキしやすかったりする
・のぼせ、手や足が火照る(これがなければ帰脾湯)



うつの症状でお悩みの方!
◎漢方ネット相談行っています。
 深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
  秀峰堂中学研究所漢方相談室
  kampo@syuuhou.net

0 件のコメント:

コメントを投稿