2014年11月9日日曜日

平胃散:軽い胃薬なら

今回は平胃散(へいいさん)です。
処方名からも推測できる通り胃の漢方薬です。いつものようにOTC薬の効能効果を見てみますと“体力中等度以上で、胃がもたれて消化が悪く、ときにはきけ、食後に腹が鳴って下痢の傾向のある次の諸症:食べ過ぎによる胃のもたれ、急・慢性胃炎、消化不良、食欲不振”とあります。また出てきましたね体力中等度。中等度だったら丁度良いので問題ないでしょう。しかも中等度以上となってますね。これははっきり言って間違っています。漢方の証を表現するという意味合いでも問題ありますが、平胃散に当てはまる表現では全くありません。平胃散は疑いの余地もなく虚証用の方剤です。体力中等度以下というなら仕方ないところもありますが、もし体力中等度以上が実証を意味するために書かれているのであれば、かえって胃の具合は悪くなるでしょう。


平胃散は寒虚証の方の胃の不調を改善する薬です。胃が冷えて働きが悪くなっていると大雑把に考えて頂いてよいです。実証の方が胃を悪くする場合は、胃が冷えているということはほぼありません。日常的には絶対ありえないと言ってもよいでしょう。実証、虚証といった用語に関してはぜひ八綱弁証を読んでみてください。




さて、本題に戻りますが、体力云々を除けば効能効果に書かれている症状で使われてよいです。もともと胃の働きの弱い人が食べ過ぎてしまったり、吐き気がして食欲がなくなっていたりと言った状態に効果的です。下痢が起きている場合は他の処方のほうが良い可能性が出てきます。あくまで平胃散は胃の薬だと思って下さい。
もう一言つけ足すと、平胃散は非常に穏やかな薬ですので、もともと食欲がない、食が細い、冷たいものを好まない人には気軽に使っていただけ、常備薬として持って置かれても良いのではと思います。
それから妊娠を望んでいる女性は厚朴が含まれるので飲まないほうが良いでしょう。

胃腸の症状でお悩みの方!
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
  秀峰堂中学研究所漢方相談室
 kampo@syuuhou.net

0 件のコメント:

コメントを投稿