2014年10月27日月曜日

人参養栄湯|気血の衰弱に

今回は人参養栄湯(にんじんようえいとう)です。
いつものようにOTC漢方薬の効能効果を見てみますと“体力虚弱なものの次の諸症:病後・術後などの体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血”とあります。
書かれていることは間違いありません。このような状態であれば人参養栄湯は何らかの効果を発揮するでしょう。ただ、これでは何故に人参養栄湯を使うのか、選択の根拠が足りませんし、なんと言ってもこの効能効果は十全大補湯のそれと全く同じです。これでは一般薬として消費者の判断で購買することは不可能です。このblogの意義もそうした問題の解決への一助になればということでもあります。


では、十全大補湯と人参養栄湯の何処が違うかですが、十全大補湯については以前にも書いているとおりです。人参養栄湯ですが、そもそもこの方剤は肺結核患者のために作られた処方です。人参養栄湯もやはり本来は末期的な病状のときに使う漢方薬です。ほとんど起床不能で横になった状態が何日も続き食欲もない病状で、その原因が慢性的な肺の疾患にある場合に使います。




現在は抗結核薬・抗生物質のおかげで肺結核で深刻な状態になることはありませんが、体力回復のために使うことは意味があると思います。ただ、実際に衰弱して栄養状態が悪くなるような場面は結核よりも、肺がんの方が現代ではあり得ると思います。肺がんでの術後や抗癌剤でのダメージからの回復には人参養栄湯は有効かと思います。
広く使われる機会がある薬ではありませんが、処方としては非常に価値のある薬だと思います。


呼吸器の症状でお悩みの方! 
◎インターネット漢方相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

0 件のコメント:

コメントを投稿