2014年9月22日月曜日

いつもゆるかったら=参苓白朮散

今回は参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)です。
いつものようにOTC漢方薬の効能効果を見てみますと“体力虚弱で、胃腸が弱く、痩せて顔色が悪く、食欲がなく下痢が続く傾向があるものの次の諸症:食欲不振、慢性下痢、病後の体力低下、疲労倦怠、消化不良、慢性胃腸炎”とあります。
まず体力虚弱ですね...虚弱なのは治療対象になりますから、体力云々と書かれていてもこれはアリです。
その後もほぼ問題のない効能効果の書き方です。ただ、ひとつ言えば‘病後の体力低下’ですが、病後ではないですね。参苓白朮散が必要ということ完璧に病中です。




単純に言ってしまえば参苓白朮散は胃腸薬です。お腹の薬です。
慢性的にお腹が冷えて働きが悪いために栄養状態も悪くなっている場合に使うお腹の薬です。胃腸が元気に働くようになれば食欲不振や下痢、体力虚弱、疲労倦怠感も改善されることになります。
同じような胃腸の漢方薬に四君子湯や六君子湯などがありますが、最も大きな違いは、参苓白朮散を用いる状態は、胃腸が冷えて働かない上に胃腸に水分が溢れてしまっています。そのために常に泥状〜水様の下痢状態です。痛みは殆ど伴いません。
また、本質的には消化不良ですから、食べても栄養が吸収されず排泄されてしまいます。
寒がりで食欲がなく泥状便が長く続くようでしたら参苓白朮散を試してみるとよいでしょう。
参苓白朮散のエキス剤(顆粒・錠剤)を販売しているメーカーは少ないかもしれません。クラシエの推進会とコタロー、松浦漢方ぐらいでしょうか。在庫店も少ないと思いますので、ネット通販で探したほうがみつかりやすいかもしれません。


胃腸の症状でお悩みの方! 
◎漢方ネット相談行っています。
深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
  秀峰堂中学研究所漢方相談室
kampo@syuuhou.net

0 件のコメント:

コメントを投稿