2014年8月31日日曜日

おもいっきり弱っているなら十全大補湯

今回は十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)です。
比較的分かりやすい処方ですので、ドラッグストアや薬局で購入してお飲みになる際にもお求めやすいと思います。とにかく肉体、精神が弱っている時に使います。弱っていない人には効きません。
さて、いつもの様にOTC漢方薬の効能効果を見てみましょう。“体力虚弱なものの次の諸症:病後・術後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血”と書いてあります。効能効果でよく見かける‘体力がある’‘体力が中間’といった表現に比べれば‘体力虚弱’はいくらかマシかもしれません。ですが念のため虚弱を辞書で調べてみると‘体が弱いこと’と書いてあります。わざわざ体力と限定する意味が分かりません。体が弱い人、弱っている人という事で良いでしょう。
諸症に関しては問題なしですね。とにかく体力・抵抗力・気力が弱っている状態を回復させる漢方薬です。


では、どのくらい弱っているかというと、ほとんど寝たきり、ほとんど死にそうな状態です。そこまで弱っている人が飲んで元気になるならば、元気な人が飲んだらどれだけ元気になるのだろうかと思ってしまいます。ですが、残念なことに元気すぎる人は飲まないで下さい。血圧が上がったり、浮腫んだりといった心配が出てきます。それに元気な人が飲んでもあまり効果は感じません。それでは少しだけ弱っている人、少し疲れている人が飲んだら・・・悪く無いと思います。ただ、エナジードリンクのように一時的に元気にしようという薬ではありませんので、休養を取ることが大事です。基本的には長く患ったり、大病をして体が弱っている状態を回復させるための薬ですので・・・




健康維持の目的で十全大補湯を長期間続けたり、十全大補湯の成分を含有した栄養剤を日常的に飲まれている方は多いかと思います。それはそれで一定の効果は有りますので結構なことだと思います。ただし血圧が高い方、浮腫みやすい方、暑がりの方はやめておいて下さい。


虚弱体質でお悩みの方! 
◎漢方ネット相談行っています。
 深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
  秀峰堂中学研究所漢方相談室
  kampo@syuuhou.net

0 件のコメント:

コメントを投稿