2014年7月27日日曜日

七物降下湯は高血圧の薬なの?

今回は七物降下湯(しちもつこうかとう)です。多少なりとも漢方をかじった人なら必ず知っている大塚敬節氏ですが、その大塚さんが自分のために作った処方が七物降下湯です。日本の漢方を象徴する一人だと思いますし、また、日本漢方を混迷へと導く一役を買った人物だと思っています。このことはまた別の機会に何処かで書くとして、今回の七物降下湯が実際にエキス剤としてドラッグストア、薬局で売られ医療用漢方薬としても使われているのも事実です。その効能と使い方が現実の効果に照らしてみて、どんなものかと考えてみたいと思います。
いつものようにOTC漢方薬の効能効果を見てみますと“体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの次の諸症:高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重) "とあります。
幸いなことに“高血圧に伴う随伴症状”に用いるようで“高血圧”そのものに効くとは書いてありません。その通りで七物降下湯は高血圧症の血圧を下げません。それどころか血圧を上げる可能性さえあります。絶対に誤解しないで下さい七物降下湯は高血圧の薬ではありません。




この処方は血液を作り浄化する四物湯に釣藤鈎、黄柏、黄耆を加えたと考えて良いでしょう。本人もそのようなことを書いていたような気がします。
四物湯は結局のところ体液量を増やすわけですから血圧を上げる可能性を持ちます。それ以前に衰弱して干からびそうな人に使う薬ですからね。釣藤鈎は頭痛のため、黄柏はのぼせを取るために入れたのでしょう。
黄耆は、黄耆の作用で代表的なのは升提作用、下がってはいけないものを持ち上げる作用、場合によってはより積極的に上げようとします。
もちろん血圧に対しても、下がっていれば上げるし、上がっていても、より上げようとしてしまう可能性も持ちます。
なぜ血圧を上げる黄耆が入っているのでしょう。しかもベースは四物湯です。もはや七物降下湯が高血圧の薬でないことは疑いようもありません。






本当のことを言うと七物降下湯は脳梗塞・脳出血後の後遺症改善の目的で作られています。ですから、もはや高血圧ではない人に使います。倒れて衰弱して気力も萎え体の動きも不自由になってしまった方に使われる方剤です。たしか大塚氏も血圧で倒れたあとにこの処方を作ったかと思います。
それがいつの間にか七物降下湯=高血圧という擦り替えが行われたのかと思います。
OTCだけでなく医療用の七物降下湯の添付文書にも効能は高血圧の随伴症状であって高血圧に効く、血圧を下げるとは書かれていません。
非常に適用範囲は狭いですが、万が一に脳梗塞、脳出血で倒れ、気力がなく貧血気味で体が衰弱し、頭痛・のぼせが主な悩みであれば七物降下湯を試して下さい!



血圧でお悩みの方!
◎漢方ネット相談行っています。 
受付は無料です、簡単な処方紹介などは無料です。 
より深刻なお悩みには有料相談でじっくり対応させていただきます。
  秀峰堂中学研究所漢方相談室
  kampo@syuuhou.net

0 件のコメント:

コメントを投稿