2014年6月29日日曜日

牛車腎気丸は腰痛・膝痛です

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)についてです。
いつもの様にOTC漢方薬の効能効果を見てみますと“体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少し、むくみがあり、ときに口渇があるものの次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)”とありますが、この方剤はもともと八味地黄丸に牛膝と車前子を加えたもので、適したタイプ・体質は全く一緒です。先日、投稿した八味地黄丸の記事を参考にして下さい。効能効果に書かれている内容も‘むくみ’に関して牛車腎気丸で少し強調されている程度の違いです。


実際の使い分けは牛車腎気丸に加えられた牛膝と車前子の効果を知ればわかります。
まず、牛膝と車前子はどんな役割をする生薬かというと、どちらも水を出す効果があります。体内の不要な水、本来は排泄されていないといけない水を除く作用があります。牛膝の薬効は下へ向かいます。下半身に効果を集中します。他の利水剤である車前子や沢泻も牛膝に引きづられ下半身の不要な水を取り除こうとします。下半身の不要な水とは何でしょう?脚のむくみ等も当てはまりますが、牛膝の名前の通り‘膝’ですね、膝に溜まった水を除こうとする効果が牛車腎気丸では強調されれいるわけです。もう一つ牛膝には駆瘀血作用があります。瘀血に関しては‘瘀血について’を参照して下さい。おおまかに言えばこの場合は血流の改善ということになると思います。




まとめますと牛車腎気丸は、八味地黄丸が向く人で、下半身の浮腫み血行不良、特に膝痛で困っている方に的を絞った漢方薬ということになります。もちろん八味地黄丸でも膝痛・腰痛に効果はありますが、牛車腎気丸は膝痛・腰痛により効果があるように作られているということです。


◎漢方ネット相談行っています。
受付は無料ですし、簡単な処方紹介などは無料です。
より深刻なお悩みには有料相談でじっくり対応させていただきます。
秀峰堂中学研究所漢方相談室

0 件のコメント:

コメントを投稿