2014年5月25日日曜日

寝汗やアトピーにも黄耆建中湯

今回は黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)です。
この処方は小建中湯という漢方薬に黄耆と言う生薬を加えたものです。黄耆という生薬は気の働きを高める効果があります。つまり元気が出て疲れにくくしたり、感染症などに対する防御力を強くしたり、皮膚を丈夫にしたりする作用があります。
いつものようにOTC薬の効能効果を見てみると“体力虚弱で、疲労しやすいものの次の諸症
虚弱体質、病後の衰弱、ねあせ、湿疹・皮膚炎、皮膚のただれ、腹痛、冷え症”とあります。このとおりで良いと思います。大切な前提としては“疲れやすくて冷えやすいことです”
とくに、寝汗と皮膚関係の症状で飲む方が多いのではないかと思います。




黄耆建中湯を購入する上で注意が必要です。
先に書きましたとおり、黄耆建中湯は小建中湯に黄耆を加えたものです。
内容としては小建中湯(ケイヒ、ショウキョウ、タイソウ、シャクヤク、カンゾウ、膠飴)にオウギを加えたものです。しかし、残念なことにこの通りの内容になっているものは、確認できた範囲では小太郎漢方の黄耆建中湯エキス細粒Gだけでした、他のメーカーのものは膠飴が入っていません。膠飴とは水飴のことで、一日分で10〜20g使います。エキス剤にした場合にかさが増えますし、粘稠性で扱いにくいので加えていないのだと思います。膠飴が入らないと、少し芍薬が多く入った、全く別の処方である桂枝加黄耆湯になってしまいます。ご購入の際にはご注意下さい。
それから、残念ながら小太郎漢方の製品はネットでは販売されていないのでお近くの薬局に問い合わせると良いかと思います。
小太郎製薬株式会社


寝汗や皮膚の症状でお悩みの方! 
◎漢方ネット相談行っています。
 深刻なお悩みに有料相談でじっくり対応させていただきます。
  秀峰堂中学研究所漢方相談室

0 件のコメント:

コメントを投稿