2014年4月21日月曜日

大柴胡湯=他の処方と組み合わせるのが効果的

今回は大柴胡湯(だいさいことう)です。
単独での使用機会は少ない漢方薬かもしれませんが、基本的な方剤ですので応用範囲が広く、他の処方と組み合わせることでより効果的な使い方ができるのが大柴胡湯です。
まずいつものようにOTC薬の効能効果を見てみると“体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの次の諸症:胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症”とあります。毎度のことですが体力云々の表現は適切ではありません。大柴胡湯は薬効の方向性がはっきりしているので、適している人の見た目の特徴もはっきりします。ガッシリした体型で肥満傾向のある人に向いています。痩せているだけで大柴胡湯は向かないと判断してよいです。しかし、体力の充実と体型は比例するものではありませんよね。これではマラソン選手は体力がないことになってしまいます。

さて、本題に戻して“体力の充実・・・”の体質的な前提の部分は“疲れにくく食欲が旺盛で便秘がちなものの次の諸症:”と言ったところで良いと思います。熱実証という体質です。
“脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく”の部分は特異的な目安にはならないので無視してよいです。具体的な症状としては“胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症”この全てに効果はあると思います。ただ、大柴胡湯単独で用いてどの程度かなという点です。胃炎は急性胃炎で食欲はあるのに吐き気が強く、痛みとむかつきがある状態です。五苓散との併用も嘔吐には有効です。ただ、このタイプはどちらかと言うとガスターみたいなものを飲んだほうが速いです。
便秘には効果がありますが、そのためだけに飲むべき処方ではないです。他の場所に作用しすぎてしまいます。基礎疾患として胆嚢炎や胆石、膵臓炎、肝炎などがある場合にはちょうど良い薬ですね。胆嚢炎の場合は桂枝茯苓丸・桃核承気湯などの駆瘀血剤と併用するとよいでしょう。膵臓炎は、糖尿病もそうですが、六味丸と併用します。肝臓疾患で効果があるのは主に脂肪肝でしょうか、高血圧関係の症状も含めて肥満に原因のほとんどが有りますので、とくに食欲が過剰で、実際に大食で、いわゆるメタボ体型なのに疲れずよく働ける人は大柴胡湯でピッタリです。
よく言われる防風通聖散よりも大柴胡湯のほうが長期服用の心配は少ないです。
ただ、あくまで疲れにくく食欲旺盛でガッシリした便秘がちの人である事が前提です。

0 件のコメント:

コメントを投稿