2014年3月30日日曜日

元気な人には効きません“十全大補湯”

今回は十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)です。
いつものようにOTC漢方薬の効能を見てみましょう。“体力虚弱なものの次の諸症:病後・術後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血”とあります。
例によって体力云々から始まっていますが、体力を回復させる薬ですから、体力が有り余っている人が飲むことはないですし、十分に体力が有り元気な人が飲み続けたら、かえって高血圧や肥満、糖尿病といった病気に向かってしまします。あくまで足りないものを補うのがこの十全大補湯の役割です。
この場合の足りないものは、気力であり血であり、人間が生きている上で必要なもの全てです。じっくりと体を作ってくれるお薬と言えます。一般の人が持つ漢方薬のイメージに一番近いかもしれません。

ただし、本来この十全大補湯を必要とするのは、大病で寝たきりのような状態に陥った体を回復させるときです。かなり重い状態です。元気な方が飲んでもそれ以上は元気になりません。
よく話題になるガンに対する効果ですが、進行して体力低下が著しかったり、抗癌剤の副作用で食事ができず衰弱しているような状態には有効です。あくまで冷えを強く感じり、寒がりであることが前提となります。がん予防には全く効果はありませんのでお間違えのないように。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿