2014年2月24日月曜日

元気がないなら補中益気湯

今回は補中益気湯(ほちゅうえっきとう)です。
いつものようにOTC薬の効能効果を見てみましょう。“体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒”とあります。
胃腸が弱くて、元気がなく疲れやすい人のためのお薬です。ただ重要な項目が抜けています。補中益気湯は体を温めてくれるお薬です。冷えやすい、寒がりな人であることが必須条件になります。冷え易いとは反対の、のぼせやすく暑がりな人でも胃腸が弱く使えやすい人はたくさんいます。このタイプの人が補中益気湯を飲むとかえって不調になります。
冷える、冷えているということも補中益気湯を選ぶ上での重要なポイントになります。
「寒がりで胃腸が弱く、元気がなく疲れやすい人の次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒」ということで良いと思います。


この諸症状の中で一つ注意が必要というか、間違いと言っても良いかもしれません。感冒が入っています。風邪ですね。これでは風邪が治る、風邪に効くという意味になってしまっています。補中益気湯は風邪そのものには効きません。かえって長引かせる事さえ起こりえます。補中益気湯で効果があるのは風邪そのものではなく、風邪をひきにくくなるということです。風邪に対する抵抗力を高めてくれます。この辺りを勘違いして風邪の時に飲んでしまう人も多いし、風邪で処方してしまう医師もいます。注意が必要です。
あと注意点は、血圧が高い人でしょうか、補中益気湯には上へ持ち上げる、下がっているものを上げる効果があります。落ちている気持ちを上げる、落ちている体力を上げる、抵抗力を上げると言った感じです。ついでに血圧も上がります。血圧の高い人、暑がりな人、あと、元気な人は飲まないで下さい。これ以外の人には基本的には良い漢方薬だと思います。栄養剤代わりに、健康維持目的でも使える漢方薬だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿